paraパラ日記 en Paraguay

只今、青年海外協力隊として”南米のおへそ”と言われているパラグアイにて奮闘中!!!!そんなパラグアイでの生活をのんびり綴っていこうと思ってます☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日はママの59歳の誕生日会がありましたキラキラ


金曜日のお昼から子供たちが集まり、ちゃくちゃくと準備が行われました。

パラグアイでは、両親の誕生日には親戚一同集まって盛大にお祝いします。

日本では誕生日の人はチヤホヤされてプレゼントもらって・・・
っていうのがあたりまえですが、
パラグアイでは、誕生日の人がおもてなしをするのです!!
だから、ママは大忙し

たくさんの食料を買い込んでずーっと用意してました。

sarada.jpgP1050622_convert_20091116025141.jpg2.jpg

サラダ→大皿5つ
肉→いっぱい
特大ケーキ→3つ
その他→いろいろ



パラグアイはやっぱりどんな時でも肉は出てきます。
しかも、大量に。
そして、ごつい。
おいしいんだけど、ボリュームがありすぎてそんなにいっぱいは食べれません。

そして、ケーキの大きさにもびっくりです!!でかい。
上の写真(大きさ伝わるかな・・・)のケーキが3つもありました。


普段お化粧しないママもちょっとおめかししてました。。

いつも泥まるけで、子供たちとはしゃいでいいる私をみているNatiには、
「今日はオシャレするんだよっ!!」って言われちゃいました。
そして、「オッシャッレッ、オッシャッレッ!!」とコールされ
部屋に強制送還。

パラグアイに持ってきたスカートは一つ。
しかも、もう何年もはいた色あせたスカート。
でもこれしかないし、しょうがないと思って
着替えて部屋からでたら、「おお~」という歓声が(笑)

やればできるじゃんって感じでみられました。
普段自分がどれだけ汚く見られてるかわかりました(笑)


8時半からパーティー開始。

各自お皿を持ってバイキング形式でした。
P1050636_convert_20091116033420.jpg






そのため、いただきますの挨拶や、乾杯の音頭、何一つありません。
家に来た人たちが各自で自由に食べていきました。

あれ!?なんか、おかしくない!?
ママの誕生日なんだから歌とか歌ったりするんじゃないの!?


でもみんなそんなことはおかまいなしで、食べる食べる、飲む飲む。

そして、しゃべるしゃべる、笑う笑う。
みんな豪快なんだもん。

満腹になったところで、やっと思い出したように、「じゃあ歌でも歌おうか」となって、
歌とママの記念撮影をしました。


そのあとはダンスです。
パラグアイ人は踊りが大好き。
人が集まると必ず踊ります。
そんな時にやっぱり南米にいるんだな~と感じさせられます。

もちろん私も踊りました。
日本人はどんな踊りをするのか!?とみんな興味津津です。

パパがエスコートしてくれました(^^)

でも、パパのエスコートのおかげで私の踊りは大爆笑でした。
パパと息が合わなさすぎるし、体が変なふうによじれるし、、、

P1050675_convert_20091116043109.jpg


私のパパです。
みるからに面白そうでしょ(^^)
こんな写真使ったら怒られるかも(笑)








でも、そんな中で踊るのも楽しかったです♪
親戚の人々は陽気で、良く笑うし、冗談も言うし、すごく温かいです。
すっごく楽しませていただきました。
でも、もうちょっとうまくならなきゃな。。。

ダンスして、疲れたーと思って外に涼みに出たら、子供たちとサッカーやるはめに。
疲れてたけど、一度やると決めたからには、子供相手に結構ガチでやってしまいました。

新聞紙を丸めてつくったボールだったけど、子供たちと私は本気で追いかけてました。
そして、気づいた時にはam2:30

子供たちも疲れたーといって、バタンキュー。
大人たちもそれぞれ帰っていき、
みんなを見送ってから、私もバタンキューでした。

それにしても、誕生日の人がお祝いしなきゃいけないなんて。。。

私は始め、そんな習慣だと思っていなかったので、
「私の誕生日12月なの!!」と言いふらしてました。

だって、ひとりで誕生日迎えるの嫌だし、祝ってもらいたいし。。。

でも、こんなにおもてなしをしないといけないなら、
言いふらさない方が良かったな。。。

どうしよう。。。

12月27日。。。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。