paraパラ日記 en Paraguay

只今、青年海外協力隊として”南米のおへそ”と言われているパラグアイにて奮闘中!!!!そんなパラグアイでの生活をのんびり綴っていこうと思ってます☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
パラグアイに来てから命の大切さをひしひしと感じています。

先日、鶏を解体してきました。
生きてる鶏を渡された時、当たり前だけど「温かい」って思っちゃいました。
足と首を持ってちょっとひねって首の骨を折り・・・

それだけで鶏は即死です。

私がやってもなかなか力を入れてひねることができず、
バタバタ羽を動かし必死で逃げようとします。
思わず涙が出てしまいました。
涙を流しながら力を入れるけれど、最後の最後まで力を出し切ることができず、
結局ママにやってもらいましたが、一瞬で鶏がクタッてなった瞬間、何とも言えない感情が襲いかかってきました。

あんなに簡単に命が無くなってしまうこと、私たちはそれらを食べて生きていること。

いつもだったら鶏の皮が苦手で食べないけれど、夕食で解体した鶏が出てきたときは全部食べました。

豚の解体もみました。牛の頭の丸焼を出され、脳みそも食べました。

そして、最近家の近くで殺人事件がありました。
奥さんが旦那さんに殺されました。

そして、日本でよく起こる無差別殺人事件について考えました。
「ムシャクシャしてやった」「だれでもよかった」・・・

一度、鶏の解体をみてほしい。
本当に一瞬で死んじゃうこと。
一回死んじゃったら生き返らないこと。
誰でもわかってる当たり前のことなのに。

なんで人を殺すのか。
なんで生き物を殺すのか。


温かかった鶏が羽をむしられ、切り裂かれていく姿は衝撃でした。

飽食の時代。
飽食の日本。

私たちは他の生物の命を頂いて生活しているということを実感しました。
本当に感謝です。


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://parapara24.blog18.fc2.com/tb.php/25-5d745180

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。