paraパラ日記 en Paraguay

只今、青年海外協力隊として”南米のおへそ”と言われているパラグアイにて奮闘中!!!!そんなパラグアイでの生活をのんびり綴っていこうと思ってます☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
12月4日、Primera Damaが我が町、Pirapoに来てくださいました。

理由は、我が町の「豆乳プロジェクト」が評価されたとのこと。


Pirapoは大豆作りが盛んな町。日本にも輸出してます!!
「豆乳プロジェクト」とは、大豆から豆乳を作り、
それを1L=500グアラニー(10円)で一般家庭に売ったり、
講習会を開き、豆乳を使ったレシピの紹介をしたりするものです。

それがたまたまPrimera Damaに伝わり、評価されたのです。


そのため、市役所勤務の我々は前々日から大忙し!!
大統領のお姉さんが来るのに、2日間だけ忙しいっていうのも変だけど(笑)
もっと前から準備するものだと思うけど。。。

私は、普段小学校で働いていますが、学校が休みの時は市役所に働きに行ってました。
そして、今も夏休みになったので市役所で働いています。

昨日は、学校の卒業式があったので午後から市役所へ。
市役所の台所や使われる会場では奥様方がせっせと豆乳を使った料理を作っていました。
30レシピ作らないといけないらしく、8グループに分かれて作業してました。

今まで、講習で習ってきたものすべてを、お姉さんの目の前に、
これでもかあ!!というくらい並べたいらしいのです。

私はというと、途中から来たからどのグループにも属すことなく、
「これ何作ってるの!?」「おいしそー」など言いながら、
奥様方と話しながら見学してました。


すると、Tatiana!!!!!と呼ばれ、振り向くと学校の生徒が。
そして、暇してるのかと思われたのか、その子達と遊ぶ役目になりました。

市役所を抜け出し、公園や川に連れて行かされ、
鬼ごっこをし、おりがみをして・・・
市役所にいるのにいつもと変わらない。。。

そうこうしてる間に、料理が出来上がって奥様方は帰って行きました。
帰った後の台所&会場の汚さ。。。

いろんなゴミが床一面に落ちてたり、お皿洗ってなかったり、テーブルドロドロ
あげくの果てに、大量のハエ。

しっかり掃除して帰りました。
帰ったら7時。そして、8時には寝てしまいました。

やっぱり、学校と市役所のイベントが重なると大変です。

でも、忙しい方が好きな私にはちょうどいいのかも。
動き回ってる方が楽しいし♪


・・・気づいたら、お姉さんが来る前日のことを詳しく書いてました。
お姉さんが来た日のことを書くつもりだったのにな。

あれ??なんでだろ??おかしいな。。。

長くなってしまったので、また次回書きます。。。

本日、12月3日、卒業式
天候は晴れ太陽 太陽 太陽

良かった~。本当に良かったです。ばんざ~いびっくり
雨だったらどうしようかと(どうにもできないけど・・・)思ってました。

卒業式は9時からです。
先生たちは8時に集合。最終的な打ち合わせをするのかと思いきや、
ナント、会場設置から始まりました。
はさみでチョキチョキ紙を切りだしたり、風船ふくらましたり、、、

え。。。やること遅すぎでしょ。。。
親御さんも集まってるし。。。

でも、あれがない、これが足りないと先生たちはあたふたあたふただっしゅ

Tatiana、風船飾って!!
どこに?
一番きれいだと思うところに!!
(・・・え、どこだろ)
とりあえず風船縛る糸がなかったので、
その辺に落ちてたゴミを使って縛りつけちゃいました(笑)

なんで、昨日のうちにやらないんだろう。。。

ナンダカンダで9時過ぎから始まりました。
・国歌斉唱
・校長先生の話
・6年生から5年生への引き継ぎ
・卒業証書授与
・在校生の歌
・各学年の成績優秀者(たぶん)への賞状授与

国旗

6年生から5年生への引き継ぎの場面です。
国旗と襷を渡します。




終わってみるとハプニングありました。

在校生の歌の時、スピーカーから音が鳴らない。
会場がざわつく。
5分くらい先生たちがスピーカーと格闘。
でも、直すことができなかったので、結局アカペラ。
声小さくて何の歌かわからないし、バラバラだし。
グダグダでした絵文字名を入力してください
(後で生徒に聞いたら、半分の生徒しかこの歌知らなかったらしい。。。) 

歌

問題の場面です。








そして、椅子が全く足りませんでした。卒業生の分の椅子も足りなかった状態。
先生たち卒業生の人数くらいわかるでしょ!?って思っちゃいました。


日本の小学校だったら、卒業式の練習を何回もして、
会場準備も前日までに終わらせ、マイクテストもし、
椅子も保護者と生徒の分を用意するはず。

パラグアイ人、用意がちょこっと遅いんです。
もうちょっと早めにできたらいいんだけどな。
惜しいんです。


卒業証書
いろいろありましたが、
やっぱり卒業証書もらった卒業生たちは嬉しそうあげ
やっぱり、笑顔が一番ですスマイリー




そのあと、送別会ありましたびっくり
5年生と6年生だけです。
そして、やっぱり焼き肉出ました。
パラグアイに来てお肉しか食べてません。
結構体にキテマス。。。

パラグアイは海が無いため、魚はとっても高いのです。
でも、でも、でも!!!!

魚が食べたいよー。







今日は6年生の送別会の日!!

楽しみ楽しみ~と思っていたら、朝からどしゃぶりの雨絵文字名を入力してください
嫌な予感がする・・・と思ったら、やっぱり的中しました。

朝7時に学校に行ってみると、生徒一人。先生一人。

せっかくの送別会なのに絵文字名を入力してください

しばらくしてから先生は集合しましたが、生徒が一人じゃねえ。

しかも、肝心の6年生が一人も来てませんでした。
ホントに雨降ったら生徒が来ないんです。そして、来ない先生もいます。

でも、送別会だから来るかな~と思ったのに。

パラグアイの送別会は、生徒がお菓子を持ってきてみんなでワイワイするらしいです。

雨なのに一生懸命来た一年生の生徒は、
みんなのためにいっぱいお菓子を持ってきてくれてましたびっくり

でも、担任の先生は、停電してる真っ暗な教室に座らせるだけで、
話しかけたり、一緒に遊んだりしません。
むしろ、先生は明るい廊下に椅子を運び出して座ってます。

せっかく頑張って来たのに。。。

私はその生徒と一緒にずっと遊んでましたあんぱんまん

歌を歌ったり、スペイン語を教えてもらったり、じゃれあって遊びました。
1年生のクラスは初日に一回行っただけだったのに
私の名前を覚えてくれてて嬉しかったです手書き風シリーズ二個ハート

P1050986_convert_20091201102437.jpg







すっごく楽しそうに笑ってて、その笑顔みるだけで癒されましたキラキラ

でも、9時に家に帰りなさいと先生に言われ、パパが迎えに来ました。
私も、家に帰って昼寝しました。

今日は頑張って来てくれてありがとね~



そして、昼花

雨もすっかりあがり、13時に学校へ行ってみると、asado(焼き肉)が・・・

P1050993_convert_20091201103250.jpg







なんで!?なんで!?
と状況が分からないまま、立っていると、とりあえず食べろ食べろっ!!と。

「さっき、お昼ごはん食べたばっかりなんですけど」って思いながら、言われるままに。

めっちゃ食べました。肉ばっかり。牛・豚・チョリソー。

P1050999_convert_20091201103428.jpg
お肉しか食べないからみーんな太るんです。。。
先生たちすっごくでかいの。
(オレンジの服着てる先生と、右の先生は学校帰りに私の家のレストランへ寄って、さらにビールを10L飲んで帰りました)




ふと、思いました。

あれ????
午後の生徒は!?
午前の生徒は雨が降ってたから来なかったけど、今、雨上がってるし。。。

何で来ないの!?
そして、なんで学校で肉焼いてるの!?ビールも飲んでるし。。。

何で!?

片付けの時に「今日の送別会は楽しかったか!?」と聞かれました。

やっぱりこれが送別会なの!?生徒なしでやっちゃったの!?

わけわかんないーっ!!


・・・後から他の先生が「送別会は卒業式の日に延期する」って教えてくれました。

結局今日、お肉焼いてワイワイやったのは送別会なのか、違うのかさえも分かりませんでした。


でも、卒業式も雨降ったらどうなるんだろ。
生徒来ないのかな。

どうなんだろ。















11月21日 日曜日 盆踊り大会

何回も言いますが、ここはパラグアイ。南米。
そして、夏。

でも、盆踊りをしてきました。

協力隊は日系社会から呼ばれることが多く、お声がかかったら行くのは暗黙の了解。

いろんな事情が日系社会にはあるみたいです。
(また、いつか時間があるときに詳しく書きます。)

盆踊りを最後にしたのはいつですか??
私は大学の頃にたまたま立ち寄ったお祭りで盆踊りをしたのが最後です。
ホントにちょこっとだけ。

それ以外となると、ホントに小さい頃にやったんだろなーって思うだけで
あまり記憶に残ってません。

ここ、パラグアイで、まさか盆踊りをするとは夢にも思わなかったです。
しかも、長時間。延々と音楽が鳴りつづき、くるくる回りつづけ、やっと踊りを覚えたと思ったら、
音楽が変わり、また違う動きが。。。


月が~、でたで~た~、月が~でた~、あ、それっ!!よいよい♪

町内のお祭りのような小さな規模です。
真中には、和太鼓の生演奏。

日本でもこんなに本格的にやってるところはあるんだろうか。


日系社会は、昔の日本みたいです。
きっと30年前の日本です。
Always 3丁目の夕日 みたいかも。

昭和の時代です。

人々とのつながりが深く、伝統的な行事がしっかり残っていて、
挨拶、礼儀がとっても大切だと感じさせられます。

始めはやはり、自分の思い描いていたものとは全く違い、
ましてや、日本語が通じることに戸惑いを覚えました。

もちろん今だに悩むことは多いです。

なんでここに来たんだろ・・・
なんでここにいるんだろ・・・



しかし、パラグアイに来て、日本を学ぶというのも変な話しですが、
何かの縁があってここに来た以上、学べるものはしっかり学んで
自分の引き出しをいっぱい作りたいと思います。

これからいろいろ大きな壁にぶち当たると思いますが、
それらをぶち破っていきたいと思います。




先日、「流しそうめん」しました。

・・・ここはパラグアイです。
そして、南半球なので今、夏ですびっくり


私がいるPirapoには日系社会があり、日系社会に入るとまるで日本ですjumee☆japan1b

みんな日本語を話し、習慣、食べ物、考え方、全てが日本と変わりません。
日本にいると錯覚してしまうほどです。


先日は、学校が休みだったため、日系社会から
「流しそうめんするから手伝ってほしい」とお声がかかり行ってきました。

流しそうめんをするための竹も手作りですびっくり
前日に、竹やぶに行って竹を採ってきて、のこぎりで切り、節をとり、やすりで磨き、消毒し。。。

竹の風味も味わってもらおうと、お椀もつくりました。


そして、「流しそうめん大会」が開かれたのです。

主催は、日系ボランティアの2名太陽

一人は日本語学校の先生。もう一人は介護士さん。

その2人のコラボ企画なので、大会参加者は幼稚園児とおじいちゃん、おばあちゃんたち。

流しそうめんの前に一緒に遊んでお互い緊張がほどけたところで「流しそうめん」です。


子供たちが夢中になってそうめんをとってる姿はとってもかわいいキラキラ
上手にそうめんとれない子も多かったけど、みんなすっごく楽しそうでした。

おばあちゃんたちは、子供たちが流しそうめんと格闘してる姿で満足したのか、
一歩も立ち歩かず、机の上にあるそうめんを食べてました。
そして、自分たちで作ってきた漬け物やお惣菜を出して、もぐもぐ。

そのかわり、おばあさんたちは竹のお椀で頂いていただきました。


みんなすっごく楽しそうで2人のコラボ企画は大成功だったと思います。
裏ではすっごく大変なこともあったはず。

いろんな物や場所、人を手配して、企画書作って、上司に許可もらって、
自分の足使って歩き回って、汗流して、頭使って・・・

大変だけど、私もやりたいなスマイリー

いつかいろいろ企画してみんなを楽しませることができたらいいなー。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。